調査・研究事業
不可能を可能にするために
 当社の調査・研究事業は、現状分析よりも将来どうなるか、 という「予測」に重点をおきます。 2055年に高齢者率40.5%を迎えようという日本の高齢者福祉は、 世界各国の中でも最も取り組み方が難しい、出口のない迷路みたいなものです。 少しでも、出口に近づくためにも、より大胆かつ正確な予測が必要になります。
ウェルケアの活動の裏付け
 弊社の事業は、コンサルティング、研修、人材養成・供給のすべてが、 確かな調査・研究の裏付けがなければ正確な方向付けができません。 私たちは、業界の1歩先を行くことを信条にして、 皆様の将来に役立てるサービスの構築と提供を心掛けております。
ウェルケアレポートの発行
 国の考え方の解説や事業者としての対応方法をはじめ、 業界の指針となるべき内容をまとめ、 不定期ではありますが、できる限りタイムリーに発行しています。